お宮参りフォトパック お子様のすこやかな成長を願う。お宮参り

 

 

 

 

桃の節句を祝う

 

 

 

平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が

 

あり、貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを

 

はらう大切な行事でした。その中の一つ「上巳(じょうし)の節

 

句」が後に『桃の節句』となりました。

 

※桜は、邪(じゃ)をはらう霊木(れいぼく)とされていました。

 

 

平安時代、上巳の節句の日に、薬草で体のけがれをはらって

 

健康と厄除けを願ったそうです。この行事が、後に宮中の紙の

 

着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を

 

代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展

 

やがて紙の雛ではなく豪華なお雛様を飾って盛大二おいわい

 

するようになったそうです。

 

その行事が武家社会へ、さらに裕福な商家や名主の家庭へと

 

広がり、今の雛祭りの原型となっていったそうです。

 

雛祭りは、女の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事です。

 

今年の桃の節句は、心を込めて雛人形を飾、お祝いしましょう