あなたの人生に必要なきものとは?

 

20代半ばで結婚、子どもをもうけた女性を想定して、主な人生行事に必要なきもの(喪服を除く)を整理して

まとめてみました。

 

18歳~20代半ば

 

代表的な行事  必要とされる主なきもの

 

成人式      振袖

 

謝恩会      振袖

 

卒業式      染のきものとハカマ     

 

20代の大きな行事といえば、なんと言っても成人のお祝いでしょう。

大人になってはじめてのきもの体験になる方も多いかもしれませんが

このときに振袖を揃えると、謝恩会、親戚の結婚式や友人の結婚式など

30代まで着用ができ、お袖を通す機会がいっぱいあります。

振袖を着ると廻りのみんなが喜んでくれるそんな衣装は世界中捜しても

日本だけ。。。一生に一度だけの成人式には是非振袖を着て、

たくさんの方たちに喜びを分けてあげましょう!

 

20代半ば~30歳

 

代表的な行事     必要となる主なきもの

 

結納           振袖・訪問着

 

結婚披露宴       振袖

 

お宮参り         訪問着

 

社会人となりそろそろ結婚を考える年頃に。

結納とはじめとする婚礼準備の行事に着ることができる振袖や、お嬢様らしい

若々しい訪問着を揃えます。

このときに揃えた訪問着は結婚後の行事にも活用できます。自身の結婚披露宴や

友人の結婚披露宴、習い事のお茶席、パーティーなど用途は色々。

 

 

 

 

 

30歳~50代

 

代表的な行事       必要とされる主なきもの

 

七五三           訪問着、附け下げ

 

子供の入学式       訪問着、附け下げ、色無地、江戸小紋

 

子供の十三参り      訪問着、附け下げ、色無地、江戸小紋

 

子供の結納式       黒留袖、訪問着、色無地       

 

子供の結婚式       黒留袖、色留袖、色無地      

 

親戚の結婚式       黒留袖、色留袖、色無地

 

子供の成長は早いもので、子供の成長に合わせての行事

が増えていきます。子育ても大変ですが子供のお祝い

に家族揃ってきものを着ることは、子供たちの心に深く残ると思います。

子供入学入園式、卒業式など学校行事もありますが、近頃は母親がきもので出席

する事が少なくなり、着るのをためらう方もいるかもしれません。洋装の中においても

着物姿はいいもので、きっと子供たちの心の中に残る思い出ができるはずです。

また時はすぎ、子供たちの婚礼行事は親にとってこんなに喜ばしい事はなく、何にも勝る

お祝いでしょう。子供たちの結納式には、母親らしい上品な訪問着又は、色無地がお勧めです。結婚式には、その年代に見合った古典文様の格調高い黒留袖をお選びください。

 

 

60代~70代

 

    代表的な行事       必要とされる主なきもの

   

   還暦祝            訪問着、色留袖

    

   退職祝            訪問着、色留袖

 

   叙勲             訪問着、色留袖

 

   金婚式              訪問着、色留袖

 

60歳の還暦を迎えると、夫婦の祝い事、行事が増えるようになります。

夫や自分の還暦祝いや退職祝いには、訪問着が向くでしょう。

自分の個性を発揮できる品の良いタイプをお選びください。

最近の女性はいくつになっても若々しいですから、年代を意識せず、ご自分の

個性が光るきものをお選びください。

また叙勲は人生最大の晴れの場といえます。品格を備えた色留袖を用意しておくと、

いざとゆうときにでも慌てずにすみます。華やかな訪問着、色留袖が向きます。