十三参りのきもの

【十三参りのきものを着て】 生まれた年の干支が 再び巡ってくる、 数え十三歳の春に、 「虚空像菩薩」にお参りし、 知恵と福徳とを授けてもらう 風習が『十三参り』です。 数え十三歳といえば、 まだ小学生で髪の生え際には 産毛が残る初々しい頃。 きものは振袖でも友禅小紋でも、 肩上げをして着るため、さらに可愛らしさが増します。 きもの姿でお参りし、 大切な思い出を 作っておきましょう。

十三参りのきものno1 初々しさが残る十三参り
詳しい情報